メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

殺害供述、同日撤回…公判で取り調べ映像

 栃木県日光市(旧今市市)で2005年、小学1年女児を連れ去り殺害したとして、殺人罪に問われた勝又拓哉被告(33)に対する宇都宮地裁(松原里美裁判長)の裁判員裁判で14日、勝又被告が殺害について「事実に間違いない」と供述する様子の録音・録画が初めて再生された。

     殺人容疑で逮捕された14年6月3日の映像。取り調べの冒頭に認否を問う弁解録取に対し、勝又被告は「(弁解は)特にない」と答え、理由として「事実に間違いない」と話し署名した。これについて弁護側は「(供述の前に)弁護士に会えないかと聞いているのに続けた」と指摘。検察側は「直後に連絡しており問題はない」と反論した。勝又被告は弁護士と面会した後、同日中に再度行われた取り調べでは「弁護士に『殺していないなら、そう言った方がいい』と言われた。自分では殺していない」と供述を翻し、この映像も再生された。

     また、併せて行われた証人尋問と被告人質問では、証人の警察官の一人が、「弁護士に、認めたら懲役20〜30年と言われた」と話す勝又被告に「君は20年たっても50歳だから人生はまだやり直せる」と話したことを認めたが、被告を励ます意図だったと説明。弁護側は利益誘導による自白の強要だと主張した。【野口麗子、野田樹】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 長谷川豊アナ 「降板まで発展するとは夢にも思いませんでした」
    2. 豊洲市場 小池知事「残念ながら出た」ベンゼンとヒ素検出
    3. テレビ大阪 長谷川アナ降板 ブログ内容「不適切」と判断
    4. クローズアップ2016 都政に「小池カラー」次々 豊洲が改革試金石
    5. 下呂市長 朝酒して公務…韓国訪問中「入浴後、つい」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]