メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

となりの障害

吃音描いた漫画に広がる共感 作者「克服より、どう生きていくかが大切」

自らの吃音の体験をもとにした漫画を描いた漫画家の押見修造さん=2016年、塩田彩撮影

押見修造さんインタビュー

 漫画「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」(2012年、太田出版)は、吃音(きつおん)のある女子高生が主人公だ。作品中では「吃音」という言葉こそ出てこないものの、うまく会話ができず周囲になじめない主人公の姿が描かれ、同じような悩みを抱える多くの人の共感を呼んでいる。著者の漫画家、押見修造さんも吃音を持つ。作品に込めた思いを聞いた。【聞き手・塩田彩】

 −−この作品を描こうと思ったきっかけは。

この記事は有料記事です。

残り1517文字(全文1725文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 唐沢寿明 “充電旅”再び! 出川哲朗と軽井沢へ きょう放送
  3. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
  4. 俳優 82歳アラン・ドロンさん回想 「ちんぴらだった」
  5. 奄美大島 ノネコ捕獲で論争 クロウサギ捕食で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです