メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日メディアカフェ

福島の今を知る 放射線教育など提案 /東京

対談する番場さん(右)と石崎さん

 東京電力福島第1原発事故から5年間の現状や課題を探る、毎日メディアカフェのセミナー「福島の今を知る」が15日、千代田区一ツ橋1の毎日ホールで開かれた。

     福島県南相馬市の「ベテランママの会」代表、番場さち子さんと、東電福島復興本社の石崎芳行代表が対談した。

     番場さんは、放射線影響に詳しい坪倉正治・南相馬市立総合病院医師に依頼して各地で放射線教室を開いた経験を話し、「全国の学校で放射線教育に取り組んでほしい」と提案した。

     石崎さんは東電が賠償や廃炉のほか、まちづくりや雇用創出にも努めるとの考えを示し、「福島は風化と風評被害という二つの風に苦しんでいます。東電は福島での責任を果たすために生かされている会社だと考えており、そのために全力を尽くします」と述べた。【斗ケ沢秀俊】

    〔都内版〕

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 千葉市教委 「日焼け止め使用許可を」全中学に通知へ
    2. 近鉄 南大阪線、26日にも再開 橋脚傾き運転見合わせ
    3. 大川小津波訴訟 2審の仙台高裁も石巻市と県に賠償命令
    4. ストーリー 大川小「無念と責任」胸に(その1) 教員遺族、語り継ぐ
    5. 山口メンバー 「世の中騒がせた」涙で謝罪 無期限謹慎

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]