メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

米原駅東口の「宿場町構想」って何? /滋賀

民間主導「通り」核にまちづくり 建築家の隈研吾さんらが参画

 なるほドリ 米原市で「宿場町構想」が進められていると聞いたけど、どんなものなの?

 記者 米原市が昨秋、地方創生総合戦略の取り組みの一つとして打ち出した「米原駅東口周辺まちづくりプロジェクト」のことです。民間主導で、米原駅周辺に都市機能を集積し、にぎわいを創出しようするもので、2019年のオープンを目指しています。

この記事は有料記事です。

残り835文字(全文1022文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. 競泳・萩野公介、スペインでの高地合宿参加取りやめ
  3. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです