メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

恐るべきかな原爆

記者16年目の無条件降伏 第3部 広島を愛して/35 死を意識する重富 /広島

 実は、この1961年3月号が、セブンウイクリーの最終号のようだ。以後の号が確認できない。

 文中には、重富芳衛の死を意識した言葉が目立つ。

 <「秋の夜や隣りは何をする人ぞ」(正しくは、「秋深き隣は何をする人ぞ」=松尾芭蕉)という有名な句があるが、病院では「春の夜や隣りはいつごろ死ぬ人ぞ」。あまりにもろい人のいのちの、しきりに気になるこのごろである>

 原爆病院雑記の一節だが、重富の気持ちが弱っているのが伝わってくる。原爆病院雑記中には、差し入れの雑…

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文771文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 日本テレビ イッテQ疑惑で大久保社長謝罪 祭り企画休止
  3. 日本テレビ イッテQやらせ疑惑で不適切演出認める
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです