メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミャンマー

スーチー氏側近、大統領に 半世紀ぶり文民

 【ヤンゴン春日孝之】ミャンマー国会は15日、新大統領にアウンサンスーチー氏(70)率いる与党・国民民主連盟(NLD)が擁立したスーチー氏側近のティンチョー氏(69)を選出した。軍人出身以外の大統領は約半世紀ぶり。スーチー氏は「大統領の上に立つ」と公言している。

 NLDが多数派を占める国会は、3人の候補の中から投票でティンチョー氏を選んだ。大統領は憲法で最高権力者の国家元首に位置づけられる。憲法上、大統領資格がないスーチー氏は「重要なことは私が全て決める」とも述べており、スーチー氏が「かいらい」を指名した形だ。

 ティンチョー氏はこの日の国会終了後、自らの大統領選出について記者団に「国民の勝利であり、スーチー氏…

この記事は有料記事です。

残り705文字(全文1013文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)
  3. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  4. 神戸市交通局「心からおわび」 逮捕の運転手、朝のアルコール検査で異常なく 神戸・バス事故
  5. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです