メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

成長、見えた 南米の望遠鏡で東大チーム

中心にある原始星を円盤状のガスが取り巻き、その外側からガス雲が流れ込んでいる様子の想像図=国立天文台提供

 南米チリの世界最大の電波望遠鏡「アルマ望遠鏡」を使って、生まれたばかりの「赤ちゃん星」(原始星)が成長する様子の詳細な観測に初めて成功したと、東京大などのチームが米天文専門誌に発表した。太陽のような恒星がどのような過程で「大人の星」になるかを知る手掛かりになるという。

     原始星は、宇宙に漂う水素などのガスを取り込むことで成長し、光り輝くようになる。チームは、おうし座の方向にあり地球から450光年離れた原始星「TMC−1A」が発する電波を観測し、星の周囲をガスの集合体が円盤状に回り、その外側にもガス雲があるのを確認。ガス雲は秒速1キロの速さで円盤に吸い込まれていた。

     この円盤は、1年間でほぼ地球1個分の質量ずつ大きくなる計算となり、これが星の成長につながっているとみられるという。

     チームの東大大学院生、麻生有佑(ゆうすけ)さんは「観測例を増やし、謎の多い原始星の進化を解明したい」と話す。【久野華代】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 気象庁 6〜8月、高温の予報 ラニーニャ影響
    2. ウィンドウズ10 「勝手に更新」苦情
    3. 女子大生刺傷 ストーカー規制法、ブログ対象外に疑問視
    4. オリラジ中田 ベッキー騒動“場外バトル”を否定 宮迫とは「けんかしていない」
    5. インド 最高51度…国内史上最高 死者440人以上

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]