メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

母親と男性無罪確定へ 検察、有罪主張せず

 大阪市東住吉区で1995年、小6女児(当時11歳)が焼死した民家火災で、再審(裁判のやり直し)が認められた母親の青木恵子さん(52)と、内縁の夫だった朴龍晧(ぼくたつひろ)さん(50)の公判前の三者協議が16日、大阪地裁であった。検察側は2人の再審で有罪の主張をしない方針を示した。再審初公判は青木さんが5月2日、朴さんが4月28日に開かれ、ともに即日結審する予定。8月に2人に無罪が言い渡されて確定する見通し。

     殺人罪などに問われて無期懲役が確定し、服役していた青木さんと朴さんの再審開始を認めた昨年10月の大阪高裁決定を受け、大阪高検は特別抗告を断念。ただ、高検は当時、再審でも有罪を主張する方針を示していた。一方、公判を担当する大阪地検は今年1月に始まった公判前の三者協議で、方針を明らかにしていなかった。

     大阪高裁決定では、車の給油口からガソリンが漏れ、風呂場の種火に引火して自然発火した可能性が指摘されていた。検察側は今年2月、火災現場にあった朴さんの軽ワゴン車の底部を調べる再調査を実施していた。

     16日の三者協議終了後、地検の田辺泰弘次席検事は「有罪の主張はしないが、明白な事実誤認と思われる点に対しては反論する予定である」とコメントし、一部で争う姿勢も示した。しかし、ある検察幹部によると、再調査などで自然発火の可能性を科学的に否定できないとの結論に至ったといい、「放火を立証できない以上、公判で争えない」と語った。

     大阪市内で開いた記者会見で青木さんは「突然検察が180度言い分を変えびっくりしたが、今はほっとしている」と話した。朴さんは弁護団を通じ「びっくりした。検察が率直に事実を受け止めて適切な対応をしてくれたと思う」とコメントした。【堀江拓哉、藤顕一郎】

     【ことば】大阪・東住吉の女児焼死火災

     1995年7月、大阪市東住吉区の民家火災で入浴中の青木めぐみさん(当時11歳)が焼死。保険金目的で放火し、めぐみさんを殺害したとして、母親の青木恵子さん(52)と内縁の夫だった朴龍晧さん(50)が殺人などの罪で起訴された。2人は裁判で無罪を主張したが、最高裁は上告を棄却し無期懲役が確定。2人は2009年に再審を請求し、大阪地裁に続いて大阪高裁が昨年10月に再審を認めた。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 麻疹 大規模コンサートに感染者 2次感染可能性を警告
    2. NHK 「貧困女子高生」批判相次ぎ、国会議員も乗り出す
    3. 東京五輪 桜描いたカラー記念1000円硬貨
    4. 特集ワイド SMAPはなぜ愛されたのか 解散発表に国民的反響 識者対談
    5. ポケモンGO 運転中にゲーム 国内初の死亡事故 徳島

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]