メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

枇榔島

本土決戦へ、要塞の島 研究者が初調査 塹壕縦横

分厚いコンクリートで覆われた砲台跡と、測量する八巻さん。志布志湾に上陸する米軍に向けられていた=鹿児島県志布志市の枇榔島で2016年1月9日午前10時36分、津島史人撮影

 太平洋戦争末期、米軍が計画していた日本上陸部隊を迎え撃つため築かれた日本軍の陣地が残る鹿児島県志布志市の無人島、枇榔(びろう)島の未調査区域に今年、初めて調査が入り、縦横に張り巡らされた塹壕(ざんごう)などが見つかった。調査した研究者は「当時の姿を残す貴重な遺構」と指摘し、要塞(ようさい)化した島の全容解明を目指している。

 志布志市の夏井漁港から漁船で約30分。南九州の戦争遺跡を調べている「かごしまの戦跡を探る会」のメン…

この記事は有料記事です。

残り880文字(全文1093文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. 飯豊まりえ ホラー映画「シライサン」で初単独主演 乙一が長編監督デビュー

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです