メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新党名「民進党」で党内手続き 一部不満も

 民主党と維新の党は15日、合流後の新党名を「民進党」とすることについて、それぞれ党内手続きを始めた。

     民主は常任幹事会で新党名を報告。岡田克也代表は「民と共に進む民進党はいい名前だ」と強調し、党内に理解を求めた。一部の出席者からは「党名変更すべきでなかった」「党名2案で争い、両党間の対立をあおるべきでなかった」などと不満の声が出たという。民主党は来週、両院議員総会を開き、党名と綱領を了承する予定だ。

     維新は執行役員会で松野頼久代表が「自民党に対峙(たいじ)できる政権交代可能な勢力を作りたい」と強調。大きな異論は出ず、党名は大筋了承された。今後、全国会議員や地方議員らをまじえた会合で正式に了承する。

     一方、政府・与党からは冷ややかな反応が相次いだ。石破茂地方創生担当相は記者会見で「名前だけでなく中身も大事」と指摘。公明党の山口那津男代表も会見で「党のアイデンティティーが明確でない。国民にノーを突きつけられた要因を反省すべきだ」と批判した。【影山哲也】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. NHK 「貧困女子高生」に批判・中傷 人権侵害の懸念も
    2. 麻疹 大規模コンサートに感染者 2次感染可能性を警告
    3. 埼玉河川敷遺体 LINEに「暴行加え、死亡後に埋めた」
    4. ポケモンGO 運転中にゲーム 国内初の死亡事故 徳島
    5. 埼玉・16歳遺体 殺害か、出頭少年を聴取

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]