メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パキスタン

誤爆被害の少女、日本の支援で学校に

パキスタン北西部の学校で、教室の椅子に座るナビラ・レフマンさん=同校提供

 【ニューデリー金子淳】米軍の無人機による「誤爆」の被害者で、昨年11月に来日したパキスタンの少女、ナビラ・レフマンさん(12)が日本の支援で学校に通うことができる見通しとなり、14日、約2年ぶりに北西部ペシャワルの私立学校に登校した。現地の支援者によると、ナビラさんは「夢がかなってうれしい」と喜んでいるという。

     ナビラさんは2012年10月、北西部・北ワジリスタン管区の自宅前で無人機に空爆され、目の前で祖母(当時67歳)が死亡。自身も右手を負傷した。さらに14年6月には同管区でパキスタン軍による武装組織の掃討作戦が始まり避難生活を余儀なくされた。長く学校に通っておらず、来日時は「全ての子供たちが学校に通える世界になるよう願います」と話していた。

     ナビラさんが通学を続けるためには教育支援が必要で、昨年ナビラさんを日本に招待した現代イスラム研究センター(東京都、宮田律理事長)などが募金への協力を呼びかける。

     募金の問い合わせは同センター(042・426・8280)。振込先は、三菱東京UFJ銀行赤坂見附支店 普通預金口座0280580(一般社団法人現代イスラム研究センター「ナビラ募金」)へ。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 米学会 酒はがんの危険高める 飲み過ぎに注意 声明発表
    2. ORICON NEWS “ぶさかわ犬”わさお、『志村どうぶつ園』で最愛の飼い主の最後のメッセージ公開
    3. 名古屋高速大高線 走行中バスから落下 複数の荷物道路に
    4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?
    5. 訃報 夏木陽介さん81歳=俳優、「青春とはなんだ」主演

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]