メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁

AIアルファ碁 最終戦も李九段破り4勝1敗

 【ソウル米村耕一】米グーグル傘下の人工知能(AI)開発ベンチャー企業「ディープマインド」(英国)の囲碁ソフト「アルファ碁」と、韓国のプロ棋士、李世※(イ・セドル)九段との五番勝負最終局が15日、ソウル市内で打たれ、アルファ碁が白番中押しで勝利した。対戦成績は李九段の1勝4敗で、AIが圧勝した格好だ。

     対局後、李九段は会見で「有終の美を飾れなかったことは残念だ。アルファ碁の打ち手を通じて、我々が知っている定石などが正しいのか疑問が湧いた。今後研究する必要がある」と述べた。AIと対戦することで、心理的な負担が大きいとも語った。

     ※は石の下に乙

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大砂嵐事故 本人は否定 運転は妊娠中の妻と主張
    2. 卓球 14歳張本、父とつかんだV 笑顔で駆け寄る
    3. 大雪 23区、積雪の恐れ ピークは帰宅時間帯
    4. 卓球 伊藤、みうみま対決制す 第1ゲーム6連続得点
    5. 大砂嵐事故 角界、止まらぬ不祥事 暴行、セクハラに続き

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]