メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デジタルメディア

雑誌と新聞から移籍の2人が語ったこと

佐々木紀彦・「ニューズピックス」編集長

 メディアとジャーナリズムの現状と未来を考える「デジタルジャーナリズム・フォーラム2016」(同フォーラム実行委主催)が11、12の両日、東京都内で開かれた。東洋経済新報社のサイト「東洋経済オンライン」の編集長から経済に特化したネットメディア「ニューズピックス」の編集長に移籍した佐々木紀彦氏(36)と、朝日新聞記者からニュースサイト「バズフィード」日本版の創刊編集長となった古田大輔氏(38)の2人が登壇した討論会が注目を集めた。ウェブやスマートフォンが読者との大きな接点となるデジタル時代、ニュースやジャーナリストのあり方は、変わるのか、それとも変わらないのか。2人の「答え」は?

この記事は有料記事です。

残り1754文字(全文2046文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  2. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  3. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
  4. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  5. 「群馬大医学部不合格は55歳の年齢」横浜68歳女性、公明正大な入試訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです