メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

恐るべきかな原爆

記者16年目の無条件降伏 第3部 広島を愛して/36 涙流し「帰らないで」 /広島

 私が、重富芳衛の絶筆になったと考えているのは、セブンウイクリー1961(昭和36)年3月号の「原爆病院雑記」の結びの一文である。

 重富はその日も、熱が続いていた。だが、セブン誌の原稿の締め切りが迫っていた。なにしろ病院は療養するところだから、ただでさえ仕事をしていると注意される。そこで、「きょうは久しぶりに、くにのおふくろに手紙でも書くか」と誰にとはなく言って、ペンを走らせていた。

 しばらくして、ようやく書き終えた。すると、隣のベッドの入院患者が「郵便局へ行く用事がありますから、…

この記事は有料記事です。

残り587文字(全文830文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  2. コトバ解説 「被爆」と「被曝」の違い
  3. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  4. 大阪・寝屋川の中1殺害 「娘は優しい子」被害者母が証言 公判
  5. 万博 誘致費36億円 大阪府知事「必要経費」理解求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです