メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石巻を訪問、慰霊碑に拝礼

宮城県水産会館を訪問された天皇、皇后両陛下=宮城県石巻市で2016年3月17日、代表撮影

 東日本大震災の被災地を訪問中の天皇、皇后両陛下は17日午前、宮城県石巻市の県水産会館で、漁業関係者を追悼する慰霊碑に拝礼された。

     同会館の敷地に建つ慰霊碑は、県漁業協同組合が2012年8月、漁師ら亡くなった組合員392人の鎮魂と漁業の再生を願って建立した。建立には、全国の漁師らから集まった義援金が一部使われた。

     震災から5年を経た今も、周囲には仮設住宅が並ぶ。沿道には仮設住宅の住民やグループホームに入居する高齢者らが集まり、両陛下を出迎えた。両陛下は、碑について説明を聞いた後、被害状況や漁業の復興を誓う言葉が刻まれた碑に深く礼をしていた。

     拝礼後は道路を渡って住民らに歩み寄り、「寒い中、集まってくださってありがとう」「お体を大事にしてください」などと声をかけていた。【山田奈緒】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. NHK 「障害者を感動話に」方程式批判
    2. 余録 代表曲の「世界に一つだけの花」にちなんで…
    3. 隠しカメラ 別府署暴走「報告したら設置認められない」
    4. NHK 「貧困女子高生」に批判・中傷 人権侵害の懸念も
    5. 検証・大震災 東日本大震災5年 福島第1原発事故(その2止) 浪江・賠償和解難航

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]