メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パキスタン

バスが爆発 15人が死亡

 【ニューデリー金子淳】パキスタン北西部ペシャワルで16日、州政府職員を乗せたバスが爆発した。ロイター通信などによると、少なくとも15人が死亡、35人が負傷した。国内最大の武装組織「パキスタン・タリバン運動」(TTP)と共闘する過激派組織「ラシュカレ・イスラム」が犯行声明を出した。

     報道によると、バスに仕掛けられた爆弾が爆発したとみられる。ペシャワルでは2014年12月、軍が運営する学校がTTPに襲撃され生徒ら約150人が死亡するなど、テロ攻撃が相次いでいる。パキスタン軍は14年6月からTTPなどの掃討作戦を実施しており、国内のテロ件数は減少傾向にあるものの、政府や軍などを狙った攻撃が断続的に発生している。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 千葉市教委 「日焼け止め使用許可を」全中学に通知へ
    2. 近鉄 南大阪線、近く再開へ 橋脚傾き修復
    3. 新型加速器 初の素粒子衝突に成功 物質誕生の謎解明へ
    4. 国民民主 岡田氏は不参加 衆院野党、第1党は困難
    5. 近鉄 橋脚、上流側に7.8センチ傾く 南大阪線・大和川

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]