メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「放送局の萎縮」懸念

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の川端和治・放送倫理検証委員会委員長(弁護士)は16日、放送局について「番組を作る人が萎縮し、伝えるべきことが伝えられなくなれば、国民は正しく判断できなくなる。今以上に萎縮が発生すれば、もっとひどいことになる」と懸念を表明した。同日開かれたBPO年次報告会で、出席した放送関係者に訴えた。

     同委員会は昨年11月、個別番組に対する総務省の行政指導や自民党による放送局幹部の聴取などを「放送法が保障する『自律』を侵害する行為」などと非難した。

     川端委員長は「海外メディアは、政治に関する日本の報道番組は臆病だと報じている。これは非常に恥ずかしいことで、そうであってはならない」と指摘。「我々は、表現の自由のフィールドを最大限に活用した番組を安心して作れるように援助する」と述べ、BPOの持つ自主的な検証機能を発揮していくことを誓った。【丸山進】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 松尾貴史のちょっと違和感 安倍首相の国会答弁 あまりに下品で不誠実で幼稚
    2. 建設女子 トイレ少ない、臨月まで休めず…現場の悩み共有
    3. 現役官僚 国会答弁、そんたくの嵐 官邸に人事握られ
    4. 岡山・加計学園 「赤信号を青信号に、黒を白に」 官邸の圧力にじませ 元トップ、記者会見で反撃
    5. 社説 「加計学園」問題で新証言 もう怪文書とは言えない

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]