メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「放送局の萎縮」懸念

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の川端和治・放送倫理検証委員会委員長(弁護士)は16日、放送局について「番組を作る人が萎縮し、伝えるべきことが伝えられなくなれば、国民は正しく判断できなくなる。今以上に萎縮が発生すれば、もっとひどいことになる」と懸念を表明した。同日開かれたBPO年次報告会で、出席した放送関係者に訴えた。

     同委員会は昨年11月、個別番組に対する総務省の行政指導や自民党による放送局幹部の聴取などを「放送法が保障する『自律』を侵害する行為」などと非難した。

     川端委員長は「海外メディアは、政治に関する日本の報道番組は臆病だと報じている。これは非常に恥ずかしいことで、そうであってはならない」と指摘。「我々は、表現の自由のフィールドを最大限に活用した番組を安心して作れるように援助する」と述べ、BPOの持つ自主的な検証機能を発揮していくことを誓った。【丸山進】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 厚労省 タレント女医は医業停止3年 30人を行政処分
    2. 長谷川豊アナ 「降板まで発展するとは夢にも思いませんでした」
    3. タレント女医 初公判 9割以上がニセ患者、治療せず院長室でゲーム
    4. 厚労省行政処分 医師と歯科医師 全処分者の氏名
    5. 質問なるほドリ 抗菌せっけん、米でなぜ禁止?=回答・下桐実雅子

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]