メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「沿線の魅力を料理で」瑞風の食事監修

 JR西日本が来春運行を始める豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス 瑞風(みずかぜ)」で提供される食事を監修する料理人ら8人が16日、大阪市内で記者会見した。料理には、瑞風が運行される山陽・山陰地域の食材が使われる。料理人らは「料理を通じて沿線の魅力を伝えたい」と抱負を語った。

     会見したのは、京都市の料亭「菊乃井」を営む村田吉弘さん(64)ら。島根県益田市でレストランを営む上田幸治さん(43)は「食材の生産者の思いも含めてお客様にお伝えしたい」と語った。

     瑞風は山陽・山陰を巡る5コースがあり、途中で降車して各地の観光地に立ち寄る。定員は30人程度。料金は未定。【戸上文恵】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ヤマト 正午~14時の配達取りやめ検討…来年度にも実施
    2. 西武筑波店 売り上げ不振で閉店 科学博からの歴史に幕
    3. イトーヨーカドー 20店閉鎖実行…計画通り、秦野店など
    4. R-1ぐらんぷり 15代目王者はアキラ100% 裸芸で栄冠つかむ
    5. 傷害容疑 同居の2歳児蹴ってけが、48歳男逮捕 岐阜

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]