メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2月の米授賞式でアジア系に偏見演出を謝罪

 2月の米アカデミー賞授賞式でアジア系に対する偏見があったとして、日系人俳優のジョージ・タケイやアン・リー監督らアジア系の映画人が主催団体の映画芸術科学アカデミーに書簡で抗議、アカデミーは15日、謝罪する声明を出した。

     抗議の対象とされるのは、授賞式でアジア系の子供が票を数える会計士役として登場した寸劇。「アジア系は計算に強い」という米社会の陳腐な見方を強調していると批判が相次いだ。また司会の一人だった英俳優が、アジア系への性的侮辱とも取れる冗談を言う場面もあった。

     アジア系映画人は書簡で、「なぜこんな趣味の悪い、侮辱的な演出になったのか知りたい」と主張した。(スポニチ)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 男児置き去り 激しい雨、捜索打ち切り
    2. 発砲事件 神戸山口組傘下の幹部撃たれ死亡 岡山
    3. 振り込め詐欺 80代女性が5億7000万円被害 大阪府
    4. 名人戦 佐藤天彦がタイトル奪取 羽生に4勝1敗
    5. ローソン 新社長の竹増氏 東南アジア進出を加速

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]