メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

マンション、避難所に 災害備え付き、都心で建設

上部を外すとかまどになるベンチ。マンション前に三つ設置されている=東京都新宿区のリビオ新宿ザ・レジデンスで、竹内紀臣撮影

 東日本大震災後、災害時に地域の避難拠点となるマンションが建設され始めた。飲食やトイレなどの機能を備え、周辺住民や帰宅困難者を受け入れる。

 新日鉄興和不動産が2014年に販売したマンション「リビオ新宿ザ・レジデンス」(東京都新宿区北新宿)は、大地震の時に周辺住民らを受け入れる設備を備えている。敷地内の広場に並ぶ3個のベンチは、座面を取り外せば、かまどとして使える。防災倉庫の中には、マンホールにかぶせて使う仮設トイレや、炊き出しに使う鍋などを備える。ロビーには約25人を収容でき、毛布や900食分の非常食などを用意した。

 「リビオ新宿」が立地するのは新宿の高層オフィスビル街の西端、都が手がける再開発事業の一画だ。事業に…

この記事は有料記事です。

残り1322文字(全文1633文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 内田正人さんが死去、82歳 コーラスグループ「ザ・キングトーンズ」リーダー
  2. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  3. おかあさんといっしょ さよならよしお兄さん! 最長14年担当の体操のお兄さんが3月末で卒業 パント!のりさお姉さんも
  4. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 「遺品なし」理由 厚労省
  5. 東海第2原発 住民説明会が終了 県主催で6カ所、延べ753人参加 /茨城

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです