メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 【ワシントン和田浩明】米国務省のカービー報道官は17日、北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けて声明を出し、「地域の緊張を高める行動を控え、国際的義務を果たす具体的措置を取るべきだ」として核兵器や弾道ミサイルの開発を凍結するよう北朝鮮に求めた。

     カービー氏は「米国は朝鮮半島情勢を注視しており、同盟国である韓国と日本の防衛の義務を果たして緊密に連携する」と強調した。

     AFP通信などによると、米国防総省当局者は、北朝鮮によるミサイル2発の発射を確認したと述べた。いずれも中距離弾道ミサイル「ノドン」が移動式発射台から打ち上げられたとみられるという。当局者は、国連安全保障理事会決議の明らかな違反だと指摘した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. プロ野球 京大出身の田中英が引退 大手商社へ就職
    2. 国立マンション景観訴訟 元市長が賠償金完済 5千人支援
    3. 東京学芸大 准教授を懲戒処分 学生にアカハラ・セクハラ
    4. ORICON NEWS 今度はサザエさんが高校生に マスオが一世一代の公開告白
    5. パトカー事故 追跡中に衝突、軽乗用車の男性重体 岡山

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]