メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 【ワシントン和田浩明】米国務省のカービー報道官は17日、北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けて声明を出し、「地域の緊張を高める行動を控え、国際的義務を果たす具体的措置を取るべきだ」として核兵器や弾道ミサイルの開発を凍結するよう北朝鮮に求めた。

     カービー氏は「米国は朝鮮半島情勢を注視しており、同盟国である韓国と日本の防衛の義務を果たして緊密に連携する」と強調した。

     AFP通信などによると、米国防総省当局者は、北朝鮮によるミサイル2発の発射を確認したと述べた。いずれも中距離弾道ミサイル「ノドン」が移動式発射台から打ち上げられたとみられるという。当局者は、国連安全保障理事会決議の明らかな違反だと指摘した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 五輪カーリング 注文殺到!カー娘「おやつ」 北見の銘菓
    2. Features・平昌の主役たち Vol.15 フィギュアスケート女子フリー 宮原知子 信じてつかんだ夢舞台
    3. 従軍慰安婦問題 国連委で韓国女性家族相が「性奴隷」使用
    4. 五輪カーリング 「そだねー」で好感度アップ
    5. 五輪フィギュア 羽生「ルッツはしばらくお別れかな」 練習後の一問一答

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]