メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

著作権侵害訴訟

自炊代行業者の複製差し止め確定 最高裁

 本や雑誌をスキャナーで読み取って電子データ化する行為を請け負う「自炊代行」が著作権(複製権)侵害に当たるかが争われた訴訟の上告審で、最高裁第2小法廷(小貫芳信裁判長)は16日付で自炊代行業者側の上告を退ける決定を出した。業者側に複製の差し止めと計70万円の支払いを命じた2審判決が確定した。

     業者は著作者らの許諾を得ずに顧客から送られた書籍を電子ファイル化していた。作家の浅田次郎氏や東野圭吾氏らが著作権が侵害されるおそれがあると主張し、自炊代行の禁止を求めていた。

     著作権法は私的使用のための複製は認めており、裁判では業者の行為が私的複製に当たるかが主に争われた。1審・東京地裁は「複製の枢要な行為を行っているのは業者。私的複製とは言えず、著作権を侵害するおそれがある」と判断。知財高裁も支持していた。【山本将克】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 五輪カーリング 日本がスウェーデンに逆転勝ち 2位浮上
    2. 五輪ジャンプ 45歳葛西「22年北京もう絶対に出ます」
    3. 南相馬中2女子自殺 「学校は真実話して」 父、無念語る
    4. 南相馬 中2女子が自殺…同級生からのいじめ訴え
    5. いじめ 「被害者も悪い」小中3割 金沢市教委アンケート

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]