メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自炊代行業者の複製差し止め確定 最高裁

 本や雑誌をスキャナーで読み取って電子データ化する行為を請け負う「自炊代行」が著作権(複製権)侵害に当たるかが争われた訴訟の上告審で、最高裁第2小法廷(小貫芳信裁判長)は16日付で自炊代行業者側の上告を退ける決定を出した。業者側に複製の差し止めと計70万円の支払いを命じた2審判決が確定した。

     業者は著作者らの許諾を得ずに顧客から送られた書籍を電子ファイル化していた。作家の浅田次郎氏や東野圭吾氏らが著作権が侵害されるおそれがあると主張し、自炊代行の禁止を求めていた。

     著作権法は私的使用のための複製は認めており、裁判では業者の行為が私的複製に当たるかが主に争われた。1審・東京地裁は「複製の枢要な行為を行っているのは業者。私的複製とは言えず、著作権を侵害するおそれがある」と判断。知財高裁も支持していた。【山本将克】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 御嶽山 50人の命救った山小屋、建て替えで解体作業進む
    2. 患者連続殺人 複数の未使用点滴袋に穴 内容物を鑑定
    3. 豊洲問題 小池知事、石原元知事から聞き取りの意向
    4. 世界の雑記帳 パリ、「ヌーディスト公園」開園を計画=副市長
    5. 特集ワイド 「アンチエイジング」大嫌い! 小泉今日子さんらの発言に共感の輪

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]