メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

栃木女児殺害

自白調書の証拠採用決定 宇都宮地裁

勝又拓哉被告=栃木県日光市で2014年6月、梅村直承撮影

 栃木県日光市(旧今市市)で2005年、小学1年の女児(当時7歳)を連れ去り殺害したとして、殺人罪に問われた勝又(かつまた)拓哉被告(33)の裁判員裁判で、宇都宮地裁の松原里美裁判長は18日、検察側が証拠請求した殺害を認める自白調書を採用することを決定した。松原裁判長は理由を説明しなかったが、裁判員と裁判官らは、法廷で再生された取り調べを記録した録音・録画の様子などから、供述には任意性があり、被告が自分の意思で話したと判断したとみられる。

 事件発生から殺人容疑での逮捕まで8年半が経過し物的証拠が乏しい中、検察側は立証の柱と位置づけた自白…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女子中学生を脅迫容疑、31歳男逮捕 警視庁
  2. 「中村屋」が中華まんミュージアムを25日に開館 全国初
  3. 米国 超音速兵器に危機感 中露優勢、迎撃難易度高く
  4. 韓国の無礼発言は「不適切で遺憾」 統合幕僚長が異例の批判
  5. 勤労統計の資料を廃棄 厚労省04~11年分、再集計は困難

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです