メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昇格の福岡、経済効果は123億円 大学講師算出

 J1昇格で123億6500万円−−。サッカーのアビスパ福岡が2016年シーズン1年間でもたらす経済効果を、尚美(しょうび)学園大学(埼玉県川越市)総合政策学部の江頭(えとう)満正・専任講師(スポーツマネジメント)が算出した。

     2010年〜13年にJ1に昇格した各チームの観客増加率や、福岡県の観光客推移に関する調査などを基に計算。県外から訪れるサポーターの旅費や宿泊費、観客のチケット購入費など「直接経済効果額」を39億800万円と算出した。さらに、サポーターが購入するグッズや飲食物など、サッカーの試合に付随して発生する間接的な「経済波及効果額」を84億5700万円とはじき出した。

     J2だった昨シーズンは、24勝8敗10分けと快進撃を続け昇格したアビスパ。今シーズンは未勝利で最下位の18位に沈む。九州出身という江頭専任講師は「優勝したら、さらなる経済効果が望める。勝利を目指して頑張ってほしい」とエールを送る。【尾垣和幸】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 千葉・注射器男か すれ違いざま太ももに注射針?女性けが
    2. 毎日フォーラム・牧太郎の信じよう!復活ニッポン 「ヤクザ冬の時代」の山口組分裂
    3. ミス美しい20代コンテスト グランプリは大分県出身・是永瞳さん 空手二段のスポーツウーマン
    4. 大阪万博 2025年誘致へ 政府、五輪後の景気浮揚策
    5. 山口組分裂1年 元組長「代紋も足かせ メシ食えぬ」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]