メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

放送の公平性

民放連会長「局全体見てほしい」政府に反論

 日本民間放送連盟の井上弘会長(TBSテレビ会長)は17日の定例記者会見で、総務省が示した「(放送の公平性は)一つ一つの番組を見て、全体を判断する」との政府統一見解に対し、放送局の自主自律の判断に任せ、個々の番組で政治的公平性を判断しないよう訴えた。

     井上会長は番組を木に例えて「放送局は森のようなもの。木を見て森を見ないということではなく、番組全体を見てほしい」と述べた。さらに「ちょっと曲がっている木もあるかもしれない。曲がり具合がいいと言う人も、気に入らないと言う人もいるが、全体の森として皆さんの目を楽しませる存在でありたい」と話した。【丸山進】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」
    2. 毎日新聞世論調査 内閣支持率30% 不支持率49%
    3. 白根山 噴石警戒の範囲 湯釜火口1キロに拡大
    4. 東芝 「稼ぎ頭」温存探る 銀行団に「中止」容認論
    5. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]