メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最終回…国谷さん「大きな区切り」

国谷裕子キャスター=松田嘉徳撮影

 NHKの報道番組「クローズアップ現代」が17日、最終回を迎えた。1993年4月の開始から番組を支えてきた国谷裕子キャスター(59)は「長い間続けることができたのは多くのゲストや視聴者のおかげ」と23年間を振り返り、番組を締めくくった。

     国谷さんは番組終了後、NHK広報局を通じ、「時代が大きく変化し続ける中で、物事を伝えることが次第に難しくなってきたが、今日という日を迎えて、自分の人生に大きな区切りをつけることができた」とのコメントを出した。

     番組は「クローズアップ現代+(プラス)」と名前を変え、4月4日から毎週月〜木曜午後10時の放送となる。国谷さんは降板し、女性アナウンサー7人が日替わりでキャスターを担当する。【丸山進】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 高畑裕太容疑者 24時間テレビだけで損害金1000万円超
    2. NHK 「貧困女子高生」に批判・中傷 人権侵害の懸念も
    3. 高畑容疑者 母淳子さん謝罪 前橋署で面会
    4. 埼玉河川敷遺体 LINEに「暴行加え、死亡後に埋めた」
    5. 麻疹 大規模コンサートに感染者 2次感染可能性を警告

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]