メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最終回…国谷さん「大きな区切り」

国谷裕子キャスター=松田嘉徳撮影

 NHKの報道番組「クローズアップ現代」が17日、最終回を迎えた。1993年4月の開始から番組を支えてきた国谷裕子キャスター(59)は「長い間続けることができたのは多くのゲストや視聴者のおかげ」と23年間を振り返り、番組を締めくくった。

     国谷さんは番組終了後、NHK広報局を通じ、「時代が大きく変化し続ける中で、物事を伝えることが次第に難しくなってきたが、今日という日を迎えて、自分の人生に大きな区切りをつけることができた」とのコメントを出した。

     番組は「クローズアップ現代+(プラス)」と名前を変え、4月4日から毎週月〜木曜午後10時の放送となる。国谷さんは降板し、女性アナウンサー7人が日替わりでキャスターを担当する。【丸山進】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 山陰線 「空の駅」にエレベーター 来年9月完成へ 兵庫
    2. プロ野球 阪神、9選手に戦力外通告
    3. こんにちは中部本社来訪 オアシス21で栗きんとん祭り /愛知
    4. 博多駅 「Kis−My−Ft2」ラッピング列車の出発式
    5. 和歌山・有田川町 ダム放流ムダなく、利益毎月400万円

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]