メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

集団訴訟の福島地裁が線量高い区域など検証

原告自宅の現場検証に向かうため、防護服姿で帰還困難区域を歩く金沢秀樹裁判長(前列右から3人目)ら=福島県双葉町で2016年3月17日午後1時32分(代表撮影)

 東京電力福島第1原発事故当時、福島県や隣県に住んでいた約3900人が東電と国に原状回復や慰謝料を求めている集団訴訟で、福島地裁(金沢秀樹裁判長)は17日、放射線量の高い帰還困難区域にある原告の自宅などを現場検証した。原告弁護団によると、原発事故を巡る訴訟で現場検証を実施したのは初めて。

     裁判官3人と原告、被告双方の弁護士ら計約50人が防護服やマスクを着用し、全町避難が続く福島県双葉、浪江、富岡の3町を訪問。裁判長らは動物に荒らされて家具が散乱し、異臭漂う原告の自宅内を見て回った。双葉町では無人で静まりかえったJR双葉駅前も歩き、商店や住宅の壁が崩れた現状なども確認した。

     双葉町から同県いわき市に避難している原告の福田祐司さん(67)は検証後、「家や土地を放置したまま古里を追い出された苦痛が今も続いていることを裁判官に分かってもらえた」と話した。浪江町の原告で畜産家の佐藤貞利さん(68)は、飼育していた牛約150頭の大半が避難中に餓死したことを裁判官に牛舎で説明。「牛の無念を晴らすためにも心のこもった判決をお願いしたい」と述べた。

     訴訟で原告側は、避難指示区域の避難者のうち40人について、古里を失った慰謝料として1人当たり2000万円を請求。放射線量を事故前の状況に戻し、それまでの間は原告全員に1人月5万円の慰謝料を支払うよう求めている。【土江洋範】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. WEB CARTOP 【突然の降雪でも慌てない】雪道を走るときに積んでおきたい装備10選
    2. 鳥取大雪 沿道住民、トイレ貸し握り飯配る 立ち往生車に
    3. 鑑識 事件捜査の職人たち/1 足痕跡係・北将治係長 /奈良
    4. WEB CARTOP 「雪道の立ち往生で罰金」報道でスタッドレスにもチェーンが必須という誤解発言
    5. 鳥取大雪 300台以上が立ち往生 陸自に災害派遣を要請

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]