メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

となりの障害

社会の無理解が当事者を追い詰めている

吃音のある20〜30代の若者が中心の「うぃーすた関東」の例会では、参加者が就労の悩みなどを話し合う=うぃーすた関東提供

「吃音とともに」取材後記

 話す際に特定の言葉の一部が出にくかったり、どもったりする「吃音(きつおん)」を抱えて苦しむ人たちを毎日新聞くらしナビ面で連載「となりの障害 吃音とともに」(3月17日から3回)として取り上げ、ニュースサイトに関連インタビュー記事などを掲載しました。担当した生活報道部の塩田彩記者が取材を通じて感じたことをお伝えします。

この記事は有料記事です。

残り620文字(全文792文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  2. 財務省 森友交渉記録、答弁に合わせ廃棄 理財局職員指示
  3. 愛知県警 犬山で似た男目撃 鑑定留置中に逃走、指名手配
  4. 道交法違反容疑 交差点でこたつ、2人目を逮捕 京都府警
  5. 愛媛県文書 安倍首相内容否定に中村知事「そうですか…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]