メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

429人に虐待歴 6人に1人

毎日新聞実施のアンケートで判明

 医療ケアが必要な身体障害や知的障害などがある子どもが暮らす全国の医療型障害児入所施設に、保護者らから虐待を受けた障害児が少なくとも429人いるとみられることが、毎日新聞が施設を対象に実施したアンケートで分かった。回答した施設に入所する障害児の6人に1人の割合になる。

     虐待など家庭の事情から国の保護を必要とする子どもについて、国は児童養護施設などを対象に継続調査しているが、医療型障害児入所施設は調査対象外で、虐待を受けた入所者の全体像は不明だった。厚生労働省で児童健全育成専門官、障害福祉専門官を務めた大塚晃・上智大教授は「入所者に虐待を受けた人が想像以上に多く、極めて深刻な結果だ。虐待の傷を癒やす視点から障害に応じた専門的支援が必要で、国は調査して実態を把握すべきだ」と話している。

     全国にある医療型障害児入所施設169施設にアンケートを送り、136施設(入所児計2643人)から回答を得た。その結果、児童相談所(児相)に保護されたなどの経緯から虐待を受けたと施設が判断した障害児は、84施設の429人で、回答した施設の入所児の16%だった。併設された成人施設の入所者計7190人中、虐待を受けた人は21施設の43人(0・6%)で、子どもを合わせると計472人になる。

     児相の調査や医師の診断などから、虐待が原因で障害を負ったとみられるのは472人中120人(25%)。102人(22%)は身体、知的障害が重複した最重度の障害者だった。頭部の外傷で体のまひや知的障害を負った人が94人いた。

     虐待の内容(複数回答)は養育放棄(ネグレクト)が285人▽身体的虐待181人▽心理的虐待16人▽性的虐待6人。

     施設が虐待の要因とみている(複数回答)のは「子の病気や障害」が134人▽保護者の精神疾患70人▽保護者の障害62人▽保護者の経済的困窮52人▽望まない妊娠・出産24人。年齢別では6〜12歳が最も多く188人▽13〜17歳138人▽3〜5歳56人−−など。【野倉恵】

    医療型障害児入所施設

     児童福祉法に基づき、身体、知的障害などがある原則18歳未満の子供に、日常生活の支援・指導をしながら医療を提供する入所施設。肢体不自由や知的障害など障害別に分かれていた入所施設を2012年度に一元化し、肢体不自由児施設と重症心身障害児施設、一部の自閉症児の施設を医療型、知的障害児施設などを福祉型の2類型に再編した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大韓航空機出火 乗客、懸命の脱出…「逆噴射後、火噴く」
    2. 羽田空港 大韓航空機エンジンから出火…離陸前、乗客脱出
    3. 学校と私 奨学金のため必死に勉強=東京都知事・舛添要一さん
    4. 橋下前大阪市長 舛添都知事問題「セコイ」 島根で講演
    5. サンドウィッチマン 舛添知事に「ぜひ公用車で東北に」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]