メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

議長が説諭、各会派にも注意呼びかけ

 埼玉県上尾市の大室尚市議(54)が東日本大震災から5年となった11日に市議会本会議を中断して行われた黙とうで「そのまま眠っちゃわないように」と発言した問題で、田中守議長は18日、大室市議に「誤解を招く発言をしないように」と説諭し、各会派にも注意を呼びかけた。

     田中議長は議長応接室に大室市議を呼び出し「言葉には人格が出るので非難されないような発言を」と反省を求め、大室市議は「今後、気をつけます」と応じた。田中議長はその後、別の部屋で開かれた各会派の代表者会議でも、出席した市議らに「責任をとれない言葉を発しないように」と注意した。

     市議会は11日、震災発生時刻の午後2時46分に1分間の黙とうを行った。一般質問がこの時間帯に当たった大室市議は質問の冒頭で「そのまま眠っちゃわないように、ひとつ注意していただきたい」と述べていた。【奥山はるな】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 京大病院 「ドカーンと大きな音」実験室出火、放射線検出
    2. 熊本地震・ふるさとよ 第2部/5 怒号飛び交う避難所
    3. 参院選 「支持政党なし」…いたずら? 実はポスター戦略
    4. 石巻3人殺傷 元少年「死刑執行まで死ぬ意味を探したい」
    5. 事故 ダムに車転落、5人死亡…バーベキュー帰り 大阪

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]