メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テスト29回実施せず 卒業式後に補習

 静岡県清水町は18日、町立小学校の6年生担任の男性教諭(30)が、国語、社会、算数、理科の4教科で年間約70回行うテストのうち29回を実施せず、テスト以外の資料を基に成績を付けていたことが分かったと発表した。小学校では18日に卒業式を開いたが、今後このクラスの児童を対象に1日2時間の補習を7日間行うという。

     保護者から16日に「テストが少ないと子供が話している」と小学校に電話があったことから、調査して分かった。小学校の教職員が17日にクラスの全家庭を訪れ、報告と謝罪をしたが、一部の保護者は担任教諭への不信感から卒業式出席を見送ったという。

     この小学校では補習に加え、年度末の成績を再点検する。再発防止に向け、授業の進度や各週の計画を確認しあう仕組みを校内で強化するとしている。

     校長は「事態に気づかなかったことに責任を感じる。不十分な指導内容の補充を行い、児童に少しでも償いができればと思う」とコメント。山下和之・町教育長は「事実を大変重く受け止める。教育委員会からの指導が十分に徹底しなかったことをおわびする」とコメントした。【石川宏】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 高畑容疑者 花王、母の淳子さん出演のCM中止
    2. 麻疹 大規模コンサートに感染者 2次感染可能性を警告
    3. NHK 「貧困女子高生」に批判・中傷 人権侵害の懸念も
    4. 高畑裕太容疑者 24時間テレビだけで損害金1000万円超
    5. 高畑容疑者 母淳子さん謝罪 前橋署で面会

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]