メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドバイ機墜落62人全員死亡 悪天候影響か

 【モスクワ真野森作】ロシア南部ロストフナドヌーの空港で19日未明(日本時間同日午前)、中東ドバイの格安航空会社「フライドバイ」の旅客機(ボーイング737)が着陸途中に墜落し、乗客乗員62人全員が死亡した。ロイター通信によると、ロシアの事故調査委員会は、悪天候の影響を受けた操作ミスと技術的欠陥の両面から墜落原因を調べている。

     ドバイ発ロストフナドヌー行きの同機は、強風下で同地の空港への着陸を試みたがうまくいかず、2時間近く周辺を旋回した後、再び着陸しようとして失敗したとみられる。墜落時の様子を捉えた映像は、激しく炎上する様子を記録していた。

     タス通信によると、救援活動にあたるロシア非常事態省は、乗客55人の大半はロストフナドヌーの住民だが、外国人3人も搭乗していたと説明している。在ロシア日本大使館によると、日本人の搭乗情報はない。

     ロストフナドヌーはウクライナ国境に近い都市。旅客機を運航していたフライドバイは、アラブ首長国連邦を構成する首長国の一つドバイ政府によって2008年に設立された。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ストーリー 脳腫瘍の16歳、作曲支えに(その1) 瞳輝くメロディー
    2. 安倍首相 「消費増税2年半延期」政権幹部に提案
    3. 米大統領広島訪問 平岡・元広島市長「何をしに来たのか」
    4. 伊勢志摩サミット 「リーマン級」に批判相次ぐ
    5. 熊本県議 松野明美氏、復興議会を欠席 「所用」で講演

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]