メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪で銅像の除幕式 フジオカさんが祝辞

披露された五代友厚像の前で祝辞を述べるディーン・フジオカさん=大阪市住吉区の大阪市立大で2016年3月19日午後3時2分、久保玲撮影

 NHK連続テレビ小説「あさが来た」で注目された明治の実業家、五代友厚の銅像の除幕式が19日、大阪市立大杉本キャンパス(大阪市住吉区)であった。五代を演じた俳優のディーン・フジオカさんも出席し、「若い人が銅像と向き合い、その精神を学んで、勇気を持って、世の中の荒波に挑んでいってほしい」と祝辞を述べた。

 除幕式には、卒業生や在学生ら約500人が集まった。銅像は台座を含めて高さ約3.4メートル。右手に本を持ち、視線は海外を見据えており、進取の精神でグローバル感覚を身につけるよう、学生に語りかけているという。

 市大の前身、大阪商業講習所の創設に関わった五代は大阪商法会議所(現大阪商工会議所)や大阪株式取引所(現大阪取引所)を設立するなど大阪経済の礎を築いた。大学同窓会が設置し、約3000万円の費用は寄付で賄った。【寺岡俊】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NHK 「障害者を感動話に」方程式批判
  2. 余録 代表曲の「世界に一つだけの花」にちなんで…
  3. 隠しカメラ 別府署暴走「報告したら設置認められない」
  4. NHK 「貧困女子高生」に批判・中傷 人権侵害の懸念も
  5. 検証・大震災 東日本大震災5年 福島第1原発事故(その2止) 浪江・賠償和解難航

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]