メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

涙ぬぐう希望の手

亡くなった長男佑哉君(当時2歳)の命日の法要で思わず涙が流れた佐藤美貴子さん(左)=宮城県東松島市の清泰寺で2016年3月11日午前、森田剛史撮影
震災後に生まれ、「100歳まで長く生きてほしい」と名付けられた百華ちゃん=宮城県東松島市で2012年12月28日、森田剛史撮影

 大震災から5年の命日。仕事で実家に預けていた長男佑哉(ゆうや)君(当時2歳)を津波で亡くした宮城県東松島市の介護施設職員、佐藤美貴子さん(38)は、市内の寺で営まれた法要に夫強(つよし)さん(47)、長女百華(ももか)ちゃん(3)と参列した。

     本堂に響いていた読経が終わり、参列者とともに歌い始めると、思わず涙がこぼれた。「だって、ここに佑哉がいないから」。助けられなかった後悔の念が込み上げる。「なんで泣いてるの」。傍らにいた百華ちゃんが小さな手で涙をふいてくれた。

     震災後に生まれ、「100歳まで生きてほしい」と名付けられた百華ちゃん。暗く沈んだ家に笑い声を運び、兄の年を超えるまでになった。佑哉君の面影と共に暮らしてきた夫婦はいつか、仏壇の遺影に語りかける娘に兄がいたことを伝えようと思っている。【森田剛史】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ストーリー 脳腫瘍の16歳、作曲支えに(その1) 瞳輝くメロディー
    2. 安倍首相 「消費増税2年半延期」政権幹部に提案
    3. 米大統領広島訪問 平岡・元広島市長「何をしに来たのか」
    4. 伊勢志摩サミット 「リーマン級」に批判相次ぐ
    5. 熊本県議 松野明美氏、復興議会を欠席 「所用」で講演

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]