メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三屋裕子氏=大場伸也撮影

 日本バスケットボール協会(JBA)は19日、東京都内で臨時評議員会を開き、任期満了に伴い退任する川淵三郎会長(79)の後任に、1984年ロサンゼルス五輪バレーボール女子の銅メダリスト、三屋裕子副会長(57)を昇格させる人事を賛成多数で決めた。6月下旬の評議員会で正式決定し、JBA初の女性会長が誕生する。

     三屋氏は昨年5月にJBA副会長に就任。国際連盟(FIBA)が科した資格停止処分の解除に尽力し、昨年に就任した川淵氏とともにJBAの組織改革を進めてきた。Jリーグ理事や日本バレーボール協会評議員などを務め、経営者の実績もあることから統率力や知名度が評価された。

     三屋氏は「ガバナンス(組織の統治)の利いた体制を作り、JBAの価値を向上させるのが一番の使命」と意気込みを語った。川淵氏は退任後に新設される役職に就いて協会運営に携わる考えを示したうえで「院政を敷いて、三屋さんが安心して仕事ができるようにサポートしたい」と述べた。【浅妻博之】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 和歌山妻殺害 容疑で逮捕の夫、不倫相手との新生活望む
    2. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」
    3. 和歌山殺人 夫の金遣い荒く「別居している」…妻、同僚に
    4. 和歌山妻殺害 保険金支払い書類請求 事件5カ月後に
    5. 和歌山殺人 妻に複数の生命保険 体内から大量の砂

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]