メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

虹のパレット

無意識ににじみ出る感性=瀬木直貴 /愛知

 「駄菓子屋のみかどや。部活帰りにここで食う伊勢うどんは死ぬほどうまい。そして、この伊勢うどんにベビースターラーメン入れて食うと、部活で腹ペコの野球部の連中には、一回死んだ身体が生き返るほどうまい」

 愛(いと)おしくなるほど伊勢弁まるだしのイントネーションで始まるこの映画は、「ALWAYS伊勢うどん」(監督・脚本=磯笛マショリ、製作=志摩ムービークルーズ)という短編だ。タイムスリップしたかのような旅情のある海辺のまちを舞台に、過去と現在の淡く優しい友情が描かれていて好感度抜群だった。

 先日、僕は伊勢市で開催された人権映画祭「ISE HUMANRIGHTS MOVIE JAM」に招い…

この記事は有料記事です。

残り1396文字(全文1690文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 中央省庁 障害者雇用、水増しか 42年間 政府調査開始
  3. 宮内庁 永久保存の公文書1冊が所在不明
  4. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  5. 障害者雇用 2省、水増し認める 国交、総務 手帳ない職員も算入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです