メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山スキー3人遭難 1人山中で意識不明

 北海道警斜里署は21日、北海道斜里町の海別岳(1419メートル)で山スキーをしていた男性3人が遭難し、2人は自力下山したが1人が山中で意識不明の状態で取り残されていると発表した。道警ヘリや同署の救助隊が救出に向かっている。

     同署によると、遭難し山に取り残されているのは網走市駒場北1、大学生、内山高彰さん(21)。登山仲間の清里町羽衣町、会社員、高橋真湖人さん(37)▽同町青葉町、会社員、大野崇浩さん(33)と20日午前7時ごろに入山したが、吹雪で高橋さんがはぐれ、午後7時ごろに先に下山。内山さんら2人は同日午後10時ごろに山の中腹でビバークしたが、内山さんが意識を失ったため大野さんが1人で下山し、午前4時ごろにふもとで高橋さんと合流して斜里署に届け出たという。【野原寛史】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす
    2. 都議会総務委 舛添氏、資料提出拒む…政治資金使い道
    3. 交通事故 テントさん、はねられ死亡…吉本お笑いタレント
    4. 男性重体 胸から血、病院に搬送…京都の路上
    5. 小泉今日子 亡き父との思い出語る 「本当にウマが合った」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]