メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山スキー3人遭難 1人山中で意識不明

 北海道警斜里署は21日、北海道斜里町の海別岳(1419メートル)で山スキーをしていた男性3人が遭難し、2人は自力下山したが1人が山中で意識不明の状態で取り残されていると発表した。道警ヘリや同署の救助隊が救出に向かっている。

     同署によると、遭難し山に取り残されているのは網走市駒場北1、大学生、内山高彰さん(21)。登山仲間の清里町羽衣町、会社員、高橋真湖人さん(37)▽同町青葉町、会社員、大野崇浩さん(33)と20日午前7時ごろに入山したが、吹雪で高橋さんがはぐれ、午後7時ごろに先に下山。内山さんら2人は同日午後10時ごろに山の中腹でビバークしたが、内山さんが意識を失ったため大野さんが1人で下山し、午前4時ごろにふもとで高橋さんと合流して斜里署に届け出たという。【野原寛史】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 新垣結衣、高校生告白の練習台に 「初めてが私でいいんですか?」と神対応
    2. 衆院選 台風接近、22日は大雨の可能性
    3. 青山剛昌 画業30周年記念本でカイジ作者がコナン描く ざわ…ざわ…
    4. 交通トラブル 「殺すぞ」と脅した男逮捕 兵庫県警
    5. 衆院選 選管が学生に誤説明 北海道・旭川

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]