メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

郷田氏、2冠へ決意 初防衛から一夜

対局から一夜明け、芦ノ湖畔を散策する郷田真隆王将=神奈川県箱根町で2016年3月20日午前8時13分、竹内幹撮影

 第65期王将戦七番勝負(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、囲碁将棋チャンネル協賛)で羽生善治名人(45)を4勝2敗で破り、初防衛を達成した郷田真隆王将(45)が20日朝、神奈川県箱根町の対局場「ホテル花月園」近くの芦ノ湖畔を散策した。

 対局の間は極力控えていた酒を前夜は飲み、解放感を味わった。17日に45歳の誕生日を迎えたばかり。一夜明けて防衛の感想を「よかったですね。若いときなら違ったかもしれませんが、今は淡々とした気持ちです」と話した。

 七番勝負の勝敗に大きく影響したのが1勝2敗で迎えた第4局という。「後手番でしたが勝つことができました。負けていると厳しかった。今年はぜひ2冠目を目指したい」と語った。【山村英樹】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 婚姻 3割が再婚 晩婚化さらに進む 厚労省まとめ
  2. 剣道部顧問 竹刀で殴り、女子部員入院 千葉県教委が処分
  3. ケネディ大使 離日「とても寂しい」…成田空港で別れ
  4. 余録 「飲食を少なくして胃を養い…
  5. 山形県立高 女性教諭…実は教員免許状なし教壇32年間

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]