メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

廃止訴え集会 5、6月には意見広告も

 安全保障関連法の廃止などを訴える集会が20日、東京都千代田区の日本教育会館で開かれた。新聞に意見広告を掲載する運動をしている市民団体「市民の意見30の会・東京」などが主催。中野晃一・上智大教授が講演し、「安保法案に抗議する市民運動が後押しする形で、野党共闘の枠組みができた。参院選は政権の暴走にブレーキをかけることができるかどうか、歴史に残る選挙になる」と話した。同団体は5月3日(憲法記念日)と6月23日(沖縄慰霊の日)に、安保関連法廃止などを訴える意見広告を掲載する予定という。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 隠し撮り写真 中森明菜さん勝訴 東京地裁
    2. 相模原殺傷 「殺害」口走る容疑者 注意しても聞き入れず
    3. 相模原殺傷 消防の隊員「あまりに悲惨な状況に絶句」
    4. 知的障害 通所女性が中絶 「望まない妊娠、再発防止を」 20代男女、施設内で性行為 施設側、認識の甘さ認める /神奈川
    5. 相模原殺傷 衆院議長宛て手紙 全文

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]