メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安保関連法

廃止訴え集会 5、6月には意見広告も

 安全保障関連法の廃止などを訴える集会が20日、東京都千代田区の日本教育会館で開かれた。新聞に意見広告を掲載する運動をしている市民団体「市民の意見30の会・東京」などが主催。中野晃一・上智大教授が講演し、「安保法案に抗議する市民運動が後押しする形で、野党共闘の枠組みができた。参院選は政権の暴走にブレーキをかけることができるかどうか、歴史に残る選挙になる」と話した。同団体は5月3日(憲法記念日)と6月23日(沖縄慰霊の日)に、安保関連法廃止などを訴える意見広告を掲載する予定という。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 強制わいせつ 容疑でTOKIOの山口メンバーを書類送検
    2. 山口メンバー書類送検 各テレビ局、出演番組を差し替え
    3. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
    4. 警視庁 仮面ライダー俳優を再逮捕 強制わいせつ未遂容疑
    5. 新潟知事辞任 「中年男性がのぼせたということ」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]