メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安保関連法

廃止訴え集会 5、6月には意見広告も

 安全保障関連法の廃止などを訴える集会が20日、東京都千代田区の日本教育会館で開かれた。新聞に意見広告を掲載する運動をしている市民団体「市民の意見30の会・東京」などが主催。中野晃一・上智大教授が講演し、「安保法案に抗議する市民運動が後押しする形で、野党共闘の枠組みができた。参院選は政権の暴走にブレーキをかけることができるかどうか、歴史に残る選挙になる」と話した。同団体は5月3日(憲法記念日)と6月23日(沖縄慰霊の日)に、安保関連法廃止などを訴える意見広告を掲載する予定という。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 猫虐待有罪判決 ネット署名募った杉本彩さん「厳罰化を」
    2. 福井・あわら 橋本市長、既婚女性と公務中に市長室でキス
    3. 今年の漢字 17年は「北」 清水寺で発表
    4. 関東鉄道 踏切立ち往生の男性を元レール・メイトが救出
    5. 中華航空 日本人3人機内で騒ぎ、引き返し

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]