メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島第1

汚染ごみ焼却開始 防護服など体積減らし保管

 東京電力は、福島第1原発の廃炉作業で増え続ける使用済み防護服など、汚染廃棄物を焼却する施設の本格運用を始めた。廃棄物の体積を減らして保管場所を確保する狙いがあるが、敷地内ではこのほか、がれきや伐採木の廃棄物約24万立方メートル(東京ドーム5分の1個分)は未処理のままで、抜本的な解決にはほど遠いのが現状だ。

 稼働したのは、敷地北側に設置された「雑固体廃棄物焼却設備」(3階建て約6700平方メートル)。第1原発では1日約7000人の作業員が働いており、タイベックスーツ(防護服)や布手袋、ゴム手袋、二重にしてはく靴下などのごみが大量発生しているが、事故前の焼却施設は震災の影響で使用できなくなったため、新たに建設した。

 これらの廃棄物は昨年末時点で7万立方メートル(ドラム缶35万本)に上り、コンテナに詰めて保管している。東電は2028年までに、35万8000トン発生すると試算しているが、この施設で燃やして灰にすることで容量を最大50分の1程度まで減らせるという。

 煙に含まれる放射性物質は、排気筒に付けたフィルターで取り除き、汚染灰は専用のドラム缶に密閉して保管するため、東電は「被ばくの影響は十分低い」としている。

 一方、こうした防護服のほか、汚染水タンクを設置するために伐採した樹木類は8.3万立方メートル、水素爆発などで出たがれき類は15.5万立方メートルあり(ともに昨年7月時点)、28年には約3倍に当たる69.5万立方メートルに達する見込み。

 東電は、将来的には伐採木などの焼却施設や、がれきを細かく砕いて体積を減らす処理設備を建設する計画だが、全体が稼働するのは20年度ごろになる見通しだ。【足立旬子】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉市教委 「日焼け止め使用許可を」全中学に通知へ
  2. 近鉄 南大阪線、近く再開へ 橋脚傾き修復
  3. 新型加速器 初の素粒子衝突に成功 物質誕生の謎解明へ
  4. 国民民主 岡田氏は不参加 衆院野党、第1党は困難
  5. 近鉄 橋脚、上流側に7.8センチ傾く 南大阪線・大和川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]