メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤田騎手が初の重賞 JRA所属女性、最速更新

重賞に初騎乗した出走前の藤田騎手=中山競馬場で2016年3月20日、坂本太郎撮影

 日本中央競馬会(JRA)で16年ぶりに誕生した女性ジョッキー、藤田菜七子騎手(18)が20日、中山競馬場で行われたスプリングステークス(G2、芝1800メートル)で重賞初騎乗を果たした。藤田騎手はデビュー16日目で、JRA所属女性騎手の重賞最速デビュー記録(細江純子元騎手が持つ142日目)を大幅に更新した。

     8番人気のモウカッテル(3歳牡馬)に騎乗。スタートはまずまずだったが次第に順位を下げ、最後の直線で懸命にムチを振るったものの11頭立ての9着だった。藤田騎手は「(重賞は)違う雰囲気だった。デビューして間もないのに、このような機会を作っていただいた皆さんに本当に感謝したい」と話した。【坂本太郎】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 女の気持ち 息子と彼女 名古屋市守山区・種田幸子(主婦・46歳)
    2. タクシー突入 「車の不調聞いていない」…容疑者の家族
    3. タクシー突入 病院に悲鳴響く…「お母さん」泣きすがる子
    4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
    5. 記者の目 日露 北方領土問題の焦点=前田洋平(政治部)

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]