メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原発を拒否したまち

巻原発住民投票20年/1 時止まったままの角海浜 土地買収に好機、住民転出 /新潟

 東北電力巻原発の建設是非を問い、自治体による全国初の住民投票が巻町(現新潟市西蒲区)で実施されてから今年で20年を迎える。原発に「ノー」を突きつけた町民の選択と道のりは当時、「民主主義の学校」として全国的にも高く評価されたが、計画はすぐに立ち消えとはならず、町はその後も「原発」に翻弄(ほんろう)され続けた。大きな時代のうねりに巻き込まれ、国策によって二分、三分された人口約3万人の小さな町の選択と今を追った。【真野敏幸】

この記事は有料記事です。

残り2076文字(全文2288文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  3. 堺市長、辞意固める 政治資金収支報告書に2億3000万円不記載
  4. 次期堺市長選に維新が候補擁立の意向 松井代表、竹山氏を批判「潔くなかった」
  5. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです