メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡市で長〜い18メートル連結バスをテスト

試験走行するBRTの連結バス車両=福岡市博多区で2016年3月22日午前11時53分、和田大典撮影

 西日本鉄道は22日、福岡市中心部のバス高速輸送システム(BRT)で導入を目指す連結バスの試験走行を始めた。連結バスは通常の路線バス車両2台をつなげるようにした外観で、長さは18メートルある。定員は約130人と、通常の2倍近くに増えるため、輸送力の強化につながると期待されている。

 連結バスは、西鉄や福岡市が6月からの導入を目指している。当初2台態勢で、博多港や博多駅、天神などを循環する計画だ。

 今回の試験走行は22〜24日と26日の計4日間、午前10時ごろから午後4時ごろにかけて走る。交通量の多い時間帯にバス停で止まれるかや、交差点で曲がれるかなど安全に運行できるか確認する。この日は、連結バスが午前中に博多港国際ターミナルを出発した。【神崎修一】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タクシー突入 病院に悲鳴響く…「お母さん」泣きすがる子
  2. タクシー突入 「車の不調聞いていない」…容疑者の家族
  3. JR車両解体 「ごめんね」と謝りながら切断 女性初、小田商会・金子さん /福岡
  4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  5. ストーカー容疑 中1女子に「好きです」…42歳男を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]