メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型「H5系」1日4本 残りは「E5系」

青函トンネルの本州側の入り口を走る北海道新幹線。【上】「E5系」。側面の帯がピンク色なのが特徴。帯上部のトレインマークは、鳥のはやぶさがモチーフ【下】新型「H5系」。側面のラベンダー色の紫の帯が特徴。帯上部のトレインマークは北海道の地図と鳥のはやぶさがモチーフ
北海道内を運行するH5系

 北海道新幹線は通常、1日26本(13往復)運転され、このうちJR北海道の新型車両「H5系」も投入される。しかし実は、この車両は道内では1日4本しか運転されない。全4編成のうち2編成は、点検や事故時の救援列車として函館新幹線総合車両所(七飯町)で待機する必要があるためで、残りの22本の列車はJR東日本の「E5系」で運行されるという。

     H5系の外装は、緑と白の塗装に、「ラベンダー」を意識した紫色の帯を特徴としている。車内も雪の結晶や流氷などをイメージした柄を装飾デザインに使うなど、北海道らしい雰囲気を演出する。

     またH5系は全座席に一つずつコンセントを装備し、スマートフォンやパソコンを持ち歩く人に配慮した。

     性能や外観がほぼ同じE5系の帯はピンク色だ。

     H5系の運行は、新函館北斗発東京行きの「はやぶさ10号」▽「同22号」▽仙台発新函館北斗行き「同95号」▽東京発新函館北斗行き「同29号」。

     H5系は、東京−新青森の東北新幹線内のみの運用もある。【小川祐希】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 特別防衛監察 「潔さがない」稲田氏に防衛省内部の声
    2. 稲田防衛相辞任へ 自民から厳しい声 国民の命預けられぬ
    3. 日報非公表 稲田氏、関与は否定 特別防衛監察結果を公表
    4. 揺らぐ「1強」 /6 野田聖子・元自民党総務会長 党がモノ言う責任
    5. 朝鮮学校 無償化は義務、国の処分取り消し 大阪地裁判決

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]