メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

次期駐日代表に謝長廷・元行政院長

 【台北・鈴木玲子】5月に台湾総統に就任する民進党の蔡英文主席は、駐日大使に当たる台北駐日経済文化代表処の次期代表に元行政院長(首相)の謝長廷氏(69)を起用する方針を固めた。複数の台湾メディアが21日、報じた。謝氏は日本留学経験もある知日派。行政院長を務めた重鎮を登用することで、対日関係を重視する姿勢をアピールする狙いがありそうだ。

     謝氏は台北市出身。台湾大法学部を卒業後、京都大大学院で博士課程を修了し、台湾で弁護士になった。1979年に国民党政権が反体制運動を弾圧した「美麗島事件」で逮捕された被告の弁護団に加わり、政界入りのきっかけになった。

     86年の民進党結党に参加。立法委員(国会議員)、高雄市長、党主席を歴任し、2005〜06年に同党の陳水扁政権で行政院長を務めた。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 内田真礼 ミニアルバムがオリコン6位 発売初週に1.6万枚
    2. 富士山 北限からとらえた 308キロ先、福島・花塚山
    3. 特集ワイド お金ないから大学行けない 国立でも授業料年54万円、40年前比15倍
    4. 北限の富士山 60回近く通い詰めてやっと撮影
    5. 私立高 3割無償化 年収760万円未満対象、都が来年度

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]