メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山スキー中に遭難、大学生1人死亡

 21日午前11時ごろ、北海道斜里町の海別岳(うなべつだけ)(1419メートル)で、山スキー中に遭難した東京農大オホーツクキャンパス(網走市)3年、内山高彰さん(21)=網走市駒場北1=が標高650メートル地点で倒れているのを北海道警のヘリが発見、救助して同町内の病院に搬送したが、死亡が確認された。

     道警斜里署によると、内山さんは山スキー仲間の高橋真湖人(まこと)さん(37)=清里町=と大野崇浩さん(33)=斜里町、ともに会社員=と20日午前7時ごろに入山。吹雪のためはぐれた高橋さんが同日午後7時ごろ先に下山した一方、内山さんらはビバークした。しかし内山さんが意識を失ったため、大野さんが1人で下山、21日午前4時ごろにふもとで高橋さんと合流して斜里署に届け出たという。

     3人はビバーク用の装備は持っておらず、またビバーク地点では携帯電話が通じなかった。大野さんにけがはなく、高橋さんは片方の耳に軽傷。

     海別岳は知床半島の付け根にあり、冬山登山や山スキーで人気があるという。【野原寛史、高野玲央奈】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 御柱祭 氏子転落死 弁護士が宮司への告発状提出
    2. 発信箱 残酷の軽さ=小国綾子
    3. 暴行容疑 体にチューブ挿入、息吹き込む 3消防隊員逮捕
    4. 御柱祭死亡事故 落下直後ロープ接触 体の向き変わり頭から /長野
    5. 川崎中1殺害 切りながら「ごめん」 リーダー格が証言

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]