メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベスト3「お茶」「富士山」もう一つは

東京都民対象のアンケート

 東京都民を対象にしたアンケート調査で静岡市のイメージを聞いたところ、ベスト3は「お茶」「富士山」「サクラエビ」という結果になった。市はサクラエビへの関心の高さに注目し、首都圏でのPRを強化する。

     調査は、同市の何に興味を持っているかを探り誘客につなげる目的で2月24日から3日間、市がインターネットで実施。都内の20〜50代の男女計約1000人から回答を得た。

     「静岡市のイメージ」(複数回答)は、「お茶」が74.4%でトップ。続いて「富士山」70.9%▽「サクラエビ」40.0%▽「みかん」34.5%▽「ちびまる子ちゃん」31.7%−−だった。

     「静岡市に行ってみたいか」は、13.9%が「ぜひ行ってみたい」と回答。「行ってみたい」(29.4%)と「機会があれば行ってみたい」(43.7%)を含め87.0%が意欲を示した。

     サクラエビは、市が有望な観光資源として期待している。「生のサクラエビを食べてみたいか」に対し、「ぜひ食べたい」が45.1%と半数近くに達し、「食べたい」(37.3%)を含めると82.4%が興味を示した。

     駿河湾は、国内唯一のサクラエビの漁場。漁をしているのは由比港漁協(静岡市清水区)と大井川港漁協(焼津市)だけで、資源保護のため漁期を春漁(4月ごろ〜6月)と秋漁(10〜12月)の年2回に限っている。新鮮なものしか生食できないため、生のサクラエビは県外ではあまり流通していない。

     静岡市の担当者は「昨年秋に実施した旅行雑誌などの記者を招いたプレスツアーでも生のサクラエビは評判が良く、今回の調査によって裏付けられた」と自信を深めた様子。「取れたての生は甘みがあって、トロッとした食感が楽しめる。サクラエビを呼び水に、都内からもっと市に足を運んでもらえるよう発信を続けたい」と意気込んでいる。【長谷川隆】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. もう二度と 相模原殺傷事件1年 娘の死、向き合えぬ 62歳父、がん延命拒否 「会って抱っこしたい」
    2. 相模原事件 「やまゆり園」止まったままの日常 内部公開
    3. 相模原事件 甘えん坊の娘、現実結びつかない 被害者の父
    4. 相模原事件 娘の死、向き合えぬ 62歳父、がん延命拒否
    5. ORICON NEWS サントリー、ビール広告動画が公開中止 内容に「下ネタ」と批判相次ぐ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]