メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド・ニュースアップ

瀬戸内海の離島・男木島 図書館作った、友達できた=高松支局・深尾昭寛

福井順子さん(右)の蔵書を中心に開館した男木島図書館。天井まで届く本棚には海外文学や児童書など幅広いジャンルの本が並んでいる=高松市の男木島で、深尾昭寛撮影

 瀬戸内海に浮かぶ高松市の離島・男木島(おぎじま)に私設の「男木島図書館」がオープンした。「本と人、人と人をつなぐ場所を島に」との願いから、2年前に家族で大阪から移り住んだ女性が中心になって開いた。図書館はみんなの交流の場となり、島の魅力を島外に伝え、人が減る一方だった島に移住者を呼び込んでいる。

移住の女性ら、島の魅力広める交流の場

 男木島は高松市の沖約7キロにあり、広さ約1・4平方キロに175人が住んでいる。平地が少なく、集落は南西部の斜面を中心に密集している。

 図書館に生まれ変わったのは、築80年を超す2階建ての古民家。ウェブデザイナーの福井順子さん(41)…

この記事は有料記事です。

残り2299文字(全文2583文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  4. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです