メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政府機関地方移転

「期待と違う」落胆 統計局移転で知事 /和歌山

 22日に示された政府機関の地方移転に関する基本方針で、県が誘致を提案していた総務省統計局は主要業務の移転には触れず、統計データ利活用に関する業務の地方実施を検討するとの内容にとどまった。仁坂吉伸知事は同日の定例会見で「期待したところまで踏み込んでくれなかった。全体での哲学(考え方)が期待とは違った」と落胆を示した。

 統計局によると、全体の職員約470人の多くはメインの統計調査や資料作成に関わっている。逆にデータ利…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文550文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 皇室 小室家側に「国民が納得できる説明を」秋篠宮ご夫妻
  2. 不明 2歳児無事発見 ボランティア、山中で保護 山口
  3. 富田林署逃走 本部長が謝罪コメント「多大なご不安」
  4. プロ野球 広島がマジック点灯「32」
  5. 2歳児保護 見つかったのは560メートル先の山中

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです