メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改善主義

「リオ」に全力懸けよう=村田諒太

 (カットは直筆)

 今月4日、高校や帝拳ジムの先輩で、世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級王者、山中慎介チャンピオンの10度目の防衛戦の応援に行きました。

 互いに倒し合うすさまじい展開でしたが、中身は意外なものでした。山中先輩が今まで築いてきたダウンは全て左ストレート。今回は右フックです。相手が潜り込んでくるところに右フックを合わせ、2ラウンドに最初のダウンを奪いました。

 「いつもと違うな」。そう感じた直後です。3ラウンドに右フックを合わせようとしたところ、挑戦者から相…

この記事は有料記事です。

残り805文字(全文1044文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソフトバンク解約1万~2万件 通信障害で
  2. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  3. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 寝屋川中1殺害 「遺体の声」どう判断 求刑は死刑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです